【加古川】不動産売却前に知っておきたい一戸建て空き家問題の実態と相続後の対応

加古川で不動産売却を検討している方の中には、相続によって空き家を所有することになった方もいらっしゃると思います。

高齢化社会の進展により、日本では年々増加する空き家が深刻な問題になっています。空き家の増加原因は、固定資産税対策として一戸建ての空き家をそのまま放置する方が増加しているからです。

よって、政府でも「空家等対策の推進に関する特別措置法」を制定し、危険な空き家に対する固定資産税の税率を引き上げています。そのことからも空き家を放置することが許されない状況になっていることがおわかりいただけると思います。

ここでは、空き家の現状や空き家を相続したらすべきことに関してご説明いたします。

深刻化する空き家問題の実態とは?

二階部分が古びた空き家

全国の空き家の実態

5年に1度行われている、平成25年住宅・土地統計調査によると、全国の空き家の件数は820万戸、空き家率は13.5%と過去最高を記録していることがわかります。調査当初(昭和38年)にはたった2.5%であった空き家率がおよそ50年で13%以上と5倍以上に膨れ上がっているのです。

増加する空き家問題の対策として政府では「空家等対策の推進に関する特別措置法」を制定し、増加する空き家に歯止めをかけようと努力しています。

また、空き家をそのまま賃貸することができるように「DIY型賃貸借」の普及に取り組んでいます。

兵庫県の空き家の実態

前述した調査結果によると兵庫県の空き家件数は35万3,500戸と前回調査時よりも2万戸増加しています。

また、兵庫県の空き家の状況は地域差があり、空き家率が最も低いのは4.9%の猪名川町、空き家率が最も高い28.0%の加東市となっています。傾向としては、都市部では低く、北播、西播、但馬、丹波、淡路などの中山間地域で高くなっています。

加古川の空き家の実態

加古川でも空き家問題は深刻化しています。その深刻化する空き家対策を行うべく、平成30年3月に「加古川市空家等対策計画」が策定されています。計画内容は適切な管理の促進や老朽危険空き家などに対する措置、空き家除却跡地の活用などに関することです。

加古川を拠点に不動産売買をサポートしているT&Cエステート株式会社では、お客様のご要望にお伺いし、お客様目線に立って不動産活用方法をご提案いたします。不動産売却に関するご相談は随時承っておりますので、加古川に空き家を所有している方はお気軽にお問い合わせください。

一戸建ての空き家を相続! 空き家を相続したらすべきこと

机に置かれた遺言書

一戸建ての空き家を相続した際には、すぐに不動産売却や解体を行うのではなく以下を参考に準備を行いましょう。

遺言書の確認

まずは、被相続人の遺言書がないかを確認しましょう。遺産分割後に遺言書が見つかると手続きが煩雑になってしまいます。

相続人・相続財産の確定

次に相続人・相続財産の確定を行います。相続人や相続財産の確定がなされる前に遺品整理などを勝手に行うと、後々トラブルの火種になる可能性があるので注意が必要です。

遺産分割協議

相続人と相続財産が確定された後に相続人間で遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成します。

相続登記

登記にはいつまでにやらなければいけないという決まりはありませんが、後々トラブルに発展する前に手早く相続登記を行っておきましょう。

遺品整理

遺品整理はかなり労力がかかる仕事です。自分たちで遺品整理を行うことが難しい場合は業者への依頼も検討しましょう。また相続した空き家を解体する場合は遺品整理とともに行うと費用が安く済むケースがあります。

不動産売却を行う場合

物件の査定

不動産売却を行う場合は物件の査定を行います。地元の信頼できる不動産会社に査定をお願いしましょう。

媒介契約の締結

物件の売却に関する媒介契約を締結します。

内覧

空き家の場合はカギを不動産会社に預けると、内覧に立ち会う手間が省けて便利です。

購入者の決定→物件の売却

物件の購入者が決まったら、売買契約を交わし、その後引き渡しを行うことで、物件の売却が完了です。一般的に物件の引き渡し時に物件の売買代金が支払われることになります。

加古川で不動産売却を検討している方はT&Cエステート株式会社にご相談を

空き家の現状や空き家を相続したらすべきことに関してご説明しました。一戸建ての空き家は放置することが許されない状況になっていることがおわかりいただけたと思います。

相続で空き家を所有している方は、ぜひ加古川の不動産売却に強いT&Cエステート株式会社にご相談ください。一戸建ての空き家の売却だけではなく、空き家を資産として有効に活用する方法などもアドバイスさせていただいております。

不動産売却で押さえておきたいチェックポイントをご紹介!

加古川で不動産売却をお考えの方はT&Cエステート株式会社へ!

会社名 T&Cエステート株式会社
住所 〒675-0054 兵庫県加古川市米田町平津243−1
電話 079-431-5531
FAX 079-431-5599
URL https://www.t-cestate.co.jp/
代表者 代表取締役 森下 尚人
事業内容 不動産管理 / 不動産売買仲介 / 不動産賃貸
免許 宅地建物取引業 兵庫県知事(3)第401283号
加入団体 社団法人全日本不動産協会 / 公益社団法人不動産保証協会